ホーム>やぶしたの「おやじブログ」

やぶしたの「おやじブログ」

アークホークペペでどうだ!!浜松 手巻きタバコ

こんちわー・・・ご隠居

どうした、八っつあん、久しぶりじゃあないか、お上がりよ

どうもどうも

いや、あのね、ご存知の通り、あっしゃあ煙草てえものが好きで好きで・・・

知ってるよ、おまえさんが大の煙草好きてえのは、で、どうしたんだ

いやね、こないだご隠居に教えてもらった、手巻き煙草をね

まだ続けてるんだろ

あたぼうってやつですよ。毎んち吸ってます、日に100本・・・

そんなに吸ってんのかい、まあ、いいやね

旨いと思って吸うなら煙草も本望てえもんだ

それで今日はなんだい?

それですよ、あれもこれもてんで手え出して吸うもんだから

売ってる煙草、全部吸っちまったんでさあ

そうか、それは極まっちまったねえ

でしょ、で、あっしゃあこの後、どうすりゃあいいんでしょう、と

なんだい、そんなことかい、深刻になることでもないじゃないか

そう云いますが、店え行って並んでる煙草、片っ端から150くらい

吸っちまったんで、おやじに新しいのはもうないのかいって訊くと、

今の時期しばらく出る予定はございませんとぬかしやがる、

なにかい、煙草止めろってえのかい

いえいえ、そうは申しておりません

お客様、150の中でこれはという煙草がございましたら、それをしばらく吸い

続けるというのは如何でしょう。

そうこうしてるうちに、新しい煙草も出るというもので・・・

煙草というものは、その時の心を映すと申します。

気分のよろしい時には軽やかに、そうでない時にはそれなりに

その時々を楽しめると申します・・・

そうかい、しばらく出ねえんじゃしょうがねえや。

それじゃあ、「モホーク」をもらってくよ、てんでここにあるんですがね。

なんだ、気に入った煙草があるんなら、それを吸やあいいじゃないか。

そうなんですがね、ご隠居もご存知の通り、あっしゃあ気が短けえってえか

おんなしこと、二度三度繰り返すってえと、もうやんなっちゃうっていう・・・

そこがおまえさんの悪いところだ、ものてえものはじっくり見据えて極まった

ところでこうだ、と見切るもんだ。

分かってる、分かってるんすけどねえ、もう、体の方が、んってんで

云うこときかなくなっちまう・・・・・

しょうがないねえ

じゃあ、こういうことかい? 買ったはいいが吸う気が起こらない

へへへ、そーなんすよ。

で、わしの処へ相談に来た。

正解

ま、分からないでもない。新しく出た品は、どんなものだろうかと気になるが、

吸ってしまった品はもう分かった気になって興味が失せてしまう。

人間というものは厄介なものだ。

厄介なもんだ

あまえが云うんじゃない。

さて、どうしたもんだろう。 うーん・・・・

 

そうだ、こうしたらどうだ。

今から煙草屋へ行って「アークローヤル」と「ペペ」てえのを買う。

おまえさん、吸ったことあるんだろ。

勿の論でさあ。

どんな按配だったい

いやー、どっちも旨かったすよ

そうかい、そりゃよかった。

で、どうすんです?

家へ帰って、おまえさんの持ってるその三つの煙草を少しづつ、

まあ一掴みとしよう、半紙の上に出して、混ぜ合わせる、

両手を使ってよく混ぜるんだ。

で、どうなるんです?

それを新しい煙草と見立てて、吸う。

なーんだ

なーんだじゃない。 おまえは知った味を三つ合わせても同じじゃないか

と思うかも知れないが、ところがそうじゃない。

そんなもんですかねえ

ブレンダーさんという人がいるな。この人は、頭の中に美味しい煙草を描いて

日々工夫をする。ああだこうだと考える。そして出来上がった煙草はもう

完成品だ。不足も無ければ余分もない。

吸う人はそれを好きか嫌いかだけだ。 

好きなら吸い続ければいい。嫌いなら別のを探せばいい。

ここでは、ブレンダーさんの意思がすべてだ。

はなしが大分難しくなってきたよ

まあ、聴きなさい。

おまえさんの持ってる三つの煙草は同じブレンダーさんのじゃないよな。

だと思いますよ。

とすると、ブレンダーさんは少なくとも三人だ。

そういうことになりますねえ

三人は知り合いかい?

それはないと思うんですがねえ。

そうだろう。だとしたら三人はそれぞれ別のことを考えてこさえたはずだ。

でしょうねえ。

じゃあそれぞれを混ぜたら誰がこさえた煙草になるんだい?

あっしになるってえことですかねえ。

その通りだ。おまえがブレンダーさんになるってえことだよ。

自分好みの煙草を作るブレンダーさんにだよ。

へえ、じゃあもう新しい煙草、煙草って待ってなくてもいいってことすね。

そうだよ。150種類もあれば、組み合わせは五万とあるだろうからな。

ただ、云っとくけど、はなからいいもんが出来ると思わないことだ。

血の滲むような精進があってのことだからな。 まあ、こつこつとやりなさい。

脅かさないでくださいよ。煙草のことなんぞで血の滲むだなんて・・・

まあ、あしゃあ、無類の煙草好きなんで、その辺はOKですがね。

ご隠居のはなしで目の前がパーっと明るくなりやした。

ありがとうございました。うちいけえって早速やってみます。

 

二、三日して

 

こんちわー

おお、八つあん、あれからどうしたい。

いえね、ご隠居の云ったとおりやってみましたよ。

で、どうだった。

いやー、旨いのなんの。全然別物が出来上がって。もうスパスパ、スパスパ。

そりゃよかった。で、今その煙草持ってるかい?

ええ、持ってますよ。

悪いがいっぷく味見させてくれないか

よござんすよ。はい、どうぞ。

う~ん、これならいい。混ぜてみるもんじゃな。

あれ? ご隠居は時々混ぜてるんじゃないんですかい。

いやいや、あの時わしも「ペペ」「アークローヤル」それに「モホーク」を

持っておったんだが、混ぜることはしてなかった。

そこにおまえさんだよ。

 

でもこんなに旨くなるとはなあ

じゃあ、わしも混ぜ混ぜしてみるとするか

なんてこったい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルファルファで出来たローリングペーパー

豆科の植物で「ムラサキウマゴヤシ」ってのがあります。

アルファルファ1.jpg

馬が食うかは知らないが、乾燥して牛の飼料にするらしい。

とても栄養価が高くて優秀な飼料らしいが

当の牛は、あまり好きじゃないという代物です。

人間はというと、それを「もやし」にして食するという。

アルファルファ2.jpg

そんな、「ムラサキウマゴヤシ」を英語で「アルファルファ」といいます。

「アルファルファ」で思い出すのは、昔見た「ちびっこギャング」という

TVドラマに出てくる男の子(背の高い子)

ちびっこギャング.jpg

若い人は「ポケモン」の登場人物を

連想するんでしょうが、なにぶん齢がいってるもんで・・・

 

さて、話を戻すと

この「アルファルファ」で紙が漉けるんですねえ

知りませんでした。

まあ、

「こうぞ・みつまた」を漉けば「和紙」になるし

「わら」を漉けば「わら半紙」になるし

「バナナ」を漉けば「バナナ紙」?になるし

基本、繊維があれば紙は漉けるわけですよ

 

でも、「アルファルファ」を漉いて紙造るなんて

少なくとも日本の発想じゃないよね

しかも、それをシャグの巻き紙にするなんざ・・・

 

「PAY-PAY」という巻き紙ブランドがあります。

歴史は古く、300年というからウソでしょ

と突っ込みをいれたくなる。

真偽はともかく、古いらしい

証拠に「スペイン、アルコイ製1764年から」

って書いてある

世界最古のブランドってことです。

 

そんな「PAY-PAY」から今度発売になったのが

「アルファルファ」から作った巻き紙「GoGreen」

GoGreen.JPG

「グリーン」と銘打つだけあって緑色している。

スローバーニング仕様でかなり薄い

50枚入りシングルが100円

100枚入りダブルが200円と平均的な価格

「素材が変われば喫味も変わるでしょ」、と

常々、のたまっている身としては

他のアンブリーチ素材の巻き紙との違いを

報告したいんだけど、今のところ「アルファルファ」

だからっていう決定的な差は見出せてません。

その内見えてくるとは思いますが・・・

 

でも、どれもブラウン系のアンブリーチの中に

グリーン系の紙ってのはちょっと気分が変わって

いいかも

 

ところで、「PAY-PAY」って何て発音します?

当方「ペイペイ」って読むもんだと思ってました。

けど、先日ディストリビュータに注文いれたら

先方が「パイパイ」と言ってました。

どっちがウソをついてるんでしょう・・・

てか、どっちも正解なんだと思います。

 

ということで「ペイペイ」は何となく「下っ端」

みたいに聞こえるから、当店は「パイパイ」

でいこうと思います。

第一、柔らかそうだし美味しそうじゃないですか

ねえ、そう思いません?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「シャロウ」のフィルターが出た

「シャロウ」という銘柄のフィルターチップが発売になります。

新しい会社の製品?

いやいや、老舗です。

もともと、Snuffを作っていて「ウィルソン」の名で流通

(日本では)してる会社です。知ってる?

Wilson1.JPG

その歴史は古く「1737年からイギリス初のSnuffを作ってんだぜ」

って箱に書いてある。

で、今じゃ世界で一番古いSnuff製造メーカーになっちゃった。多分

Wilson2.JPG

そんな会社が作ったフィルターだから手放しで「いいものだ」とは

言わないけど、ずっと、たばこに関わってきた会社が作った

フィルターだということは何となく安定感があるわけです。

 

実際、「フィルター」ってのは、手巻きたばこにとって

喫味の大事な要素なわけです。

ペーパーほどではないけどフィルターを替えると

大分喫味が変わります。

 

素材の違い、太さの違い、長さの違い、硬さの違い

フィルターを巻く紙の有無、・・・・・

 

まあ、いろいろなフィルターを試して自分好みを

決めるのも手巻きタバコの醍醐味ではあるんですけど

 

時々、「このフィルター、吸い終わるころに縮んじゃうよね」

なんて人いるけど、それって強く吸いすぎることが原因

ゆるく巻いて、軽く吸うっていう「cool smoking」が

出来てないことが多いみたい

煙突じゃあないんだから・・・・、煙がたくさん出ればOK!

なんていうのは、まだまだ

 

脱線、脱線

シャロー1.JPG

今回発売の「シゃロウ」のフィルターは全部で4種類

すべて長さ20mm、これはいわゆる「ロング」サイズ

直径は8mmのレギュラーと6mmのスリムと

7.13mmのセミスリム、7.13mmのセミスリム・メンソール

えっ、 7.13mm?

そう、 7.13mm

シャロー2.JPG

「セミスリム」っていう聞き慣れない名前で 直径7.13mm

8mm、7.8mm、7.5mm、7mm、6.5mm、6mm、5.3mm

既存のフィルターはサイズが豊富

でも、7.13mmは初

有名な言葉に

「フィルターの。サイズ変われば、味変わる」ってのが

有ります??が、また新しいタバコへの扉が増えたような

気がします。ホント?

 

Let’s Happy Smoking!

 

各サイズ200本入り324円はありがたい

因みに「チャラい」って意味の「shallow」じゃなくて「Sharrow」

だからね

 


 

雑感-2

年の瀬なので早めの大掃除と思い、入り口のガラス戸を拭いた。

 

外側、内側と拭き進むうちに面白いことを発見した。

 

雑巾につく汚れの色が全く違うことだ

 

店内側はヤニで真っちゃいろ

 

そりゃそうだ、毎日毎日、葉巻・パイプたばこ・手巻きタバコを

 

吸いまくりだからね

 

じゃあ道路側はどうかってえと

 

真っ黒けっけ

 

自動車の排ガスそのものだ

 

黒もちゃいろも汚れなんでからだに入ったら大変だと思う

 

死んじゃうかもしれない

 

でも、もし選べるならオレはちゃいろで死にたい     

復活 フランドリア

たばこ屋を長くやってると、時々、すでに終売になってる銘柄を懐かしむ人が来ます。

「あのたばこ、旨かったなあ~  

 赤いパッケージだったと思うんだけど・・・  なんてったけかなあ・・・」

「ありましたありました。    なんだったかなあ・・・」

結局、何も分からず仕舞い

「旨かった」という記憶ってのは、次の「旨い」が見つかるまでずっと続くんですかねえ

 

「フランドリア」という銘柄が以前、販売されてました。

(これ手巻きタバコのはなし)

当時は、どちらかと云うと「通」好みのシャグで根強い人気でしたが

しばらくして終売になってしまいました。

当然、愛好家にとっては、突然かつ一方的なお別れはつらいもんです。

「あれ、旨かったよね」

「どっかで手に入らないかなあ」

「あれと似たやつ探してるけど、なかなか無いんだよね」

とか、とか

幸い再発売の話もあったので、懐かしがりつつ、期待してたわけです。

「もう少し待ってください、出る予定になってるらしいから・・・・」

何回言ったことでしょう ホントに

 

しか~し

この秋、「待たせたな~」的に再発売!!

以前のラインナップの「ナチュラル」「ブラック」に「スパニッシュ・バージニア」を

加えて3点、堂々の揃い踏み

フランドリア3種.JPG

 

謎の「スパニッシュ・バージニア」はさておき、あの「フランドリア」が

帰ってきたということです。

今回は見送られた「ベルジック」のファンには、もう少し悶々として戴くとして

まずは、よかったね 

 

これで、「おおかみオジサン」の汚名は払拭できます。

パッケージがちょっと変わって、25g入り590円で発売中

本当によかったゾ

 

 

雑念-1

少し落ち着いたけど、今年の天気は気まぐれだったよね

常識はずれの台風、気まぐれな豪雨、ありえない気温差・・・・・・

 

ところで、この先、天気を自由にコントロールできる時代は来るんでしょうか?

来たら来たで揉めるだろうね

「この地域は今日、雨を降らせるんでよろしく」とかアナウンスしても

冗談じゃないって言う人絶対いるよね

「バランス考えると、本日20ミリの雨は必要になりますんで」とか・・・

ってえことは、毎日けんかもんか・・・

そのうち、地域住民が投票によって天気を決めるシステムかなんかが出来て

でも、そのうち不正をするやつなんかが出てきたりして・・・

ますます、訳わからなくなるという

 

科学の進歩はありがたいけど、度を越すと妙なことになってしまう

我々天然由来の人間は自然を受け入れて

自然とうまくやっていきつつ「幸せ」を感じていきたいもんです

それが例え多少人工的な自然であっても・・・

 

今日の「天気予定」は雨か、"30mm/日even"だから一日雨ってことだ

じゃあ、夜ゆっくりパイプでもふかそうかな

雨の日のたばこは最高だからね

「スタンレー・リコリス」を吸ってみた

「STANLEY」から「Licorice(リコリス)」が出た。

スタンレーリコリス2.JPG

「リコリス」と聞いて「リコリス・ペーパー」を連想する人、多いと思います。

そもそも「リコリス」とは「甘草(かんぞう)」のことで・・・・・・

 

ちょこっとくせのある甘い風味でジョニー・デップが「LIZLA+.」の

リコリス・ペーパーを愛用してるとか

 

「リコリス」と言われてもそんなこと位しか知りません。

えっ.、草なの?

そうなんだ・・・

で?

もう情けなくなる位の認知度

 

でも、西洋じゃあちょっとした人気者

「リコリス(スペイン・カンゾウ)」の根やオイルで作った

「リコリス菓子」ってのがある。

オランダじゃそれを「ドロップ」と呼び、日本語の「ドロップ」になったそうな

 

じゃあ「ドロップ」は「ドロップ」じゃないんだ

そりゃあ良かった。

彼の「ドロップ」はクソまずいらしいから・・・・

 

何の話だっけ・・・

そうそう、「STANLEY」に「リコリス」が出る話だ。

そのクソまずい「リコリス」をたばこに入れたらどうなるかってこと

で、ここから吸ってみた話

 

ぜんぜん期待してなかったので

無造作にパウチを開くと中から普通にいい香り

着香系とはいえ、目指すものが得体の知れないものだけに

うまくできてるのか、できてないのか分からない訳です。

なんせ「リコリス」ですから・・・

まずは一本

 

えっ、いいじゃん

予防線いっさいなし状態なので感覚がストレート

馴染んじゃってる。たばこに、ほんのり甘くって・・・

 

たばこの成分には「すみれ」の芳香があるって聞いたけど

たばこと同じ「草」なだけに馴染みやすいのかな~

吸い終わって、パウチに鼻を近づけると

何かに似てるような気がした。

何だっけ?

・・・・・・・

そうだ、「ピース」だ!

 

二本目は「ペペ」3に「リコリス」1の割合で混ぜて巻いてみた。

「ピース」に似てると思ったけどちょっと濃すぎると思ったから・・

で、巻いたたばこの先端を鼻に近づけて嗅いでみた。

すると、さっきよりずっと「ピース」っぽく感じた。

 

「ピース」は「バニラ」の香りだという人、多いけど

正式にはなんの表明もないわけで

実は、「リコリス」だったってのも可能性としてはあるわけじゃん

 

二本目はそこんとこ意識して吸ったら

やっぱり、「ピース」っぽく感じるんですねこれが

 

おおきい声でいうとあれなんで

ちいさい声で言いますけど

「ペペ」で薄めてやると「ピース」っぽくなるよ

この「スタンレー・リコリス」は・・・

だから何?

いやいや、それだけ

 

実はパイプたばこに「ボルクムリーフ・リコリス」っていう

ボルクムリーフリコリス.JPG

先輩がいるんだけどそっちも試したくなっちゃいました

 

 

「スタンレー・リコリス」30g入り690円で新発売

同時に「スタンレー・レモン」も出たので

ぜひ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カンボジアのたばこ

常連さんからカンボジアのたばこ頂きました。

カンボジアのたばこ.JPG

長さ120mm、太さ10mm、先端に向けてちょっとテーパード

吸い口近くにリングがついてるので、チョット見、葉巻みたい

というのも、実際葉っぱで巻いてあるんで・・・

 

吸ったあと、ほぐしてみると

何やら「柏の葉」のような葉っぱで巻いてあるようです。

多分、現地では珍しくない葉っぱでしょうが

何の葉っぱかわかりません。

 

地理的にご近所のタイにはバナナの皮で巻いたたばこがあるし

インドには刻んだたばこ葉を黒檀の葉でテーパードに巻いて

ほつれないように細い糸で結った「ビディ」ってのがあります。

 

ん百年前

南米の先住民は刻んだたばこをトウモロコシの葉で巻いて

吸っていたというから、みんな工夫して美味しいたばこを

作ろうとしてたんだなーと

これって、「文化」ですよねえ

 

 

 

 

 

 

 

両切りタバコがまた減っちゃう

この6月、「ゴールデンバット」と「しんせい」にフィルターが付く

4月に値上がりしたこの両銘柄は「両切りたばこ」であることが

ひとつの売りだったのにも関わらずだ。

矢継ぎ早の変更に当の愛煙家たちはどう感じていることだろう

 

そもそも、「両切り」の良さは

「汚れた手でつかんでも、摘み出した側でなく、反対の端を口にくわえられる」  

からいいんだという人がいる。

なるほどフィルター付きでは、それができない

 

じゃあ、ソフトパッケージの上面を全部切り取って、上下に振って

飛び出した1本を直接口にくわえたら、フィルター付きでもいっしょだね  

吸い口は汚れない

そう云えばそうだよね

 

昔、近所に、ピースしか吸わない職人のおじさんがいた

そのおじさんが残していく吸がらがとってもキレイだった

長さがいい。

吸い口も汚れてなくて、もみ消し方も自然で・・・  

 

そのおじさん

まず、ピースを一本取り出すと、反対の端をくわえる。

それから火を探す。

いっつもだ

 

作業服のポケットを外から探る

胸ポケット、脇ポケット

あった。

出てくるのはきまってマッチ

ライターは決して使わない。

 

シュッと擦って、ピュッと一発で消す

ニッカーボッカーの足を組んでうまそうに吸う

一連の動作が本当に板についていた

 

 

かつては、映画を観て登場人物の吸い方なんかにシビレて

真似したもんです

でも今は、どうなんでしょう

 

「たばこ」が嗜好品であり、こだわりであるなら

「両切りたばこ」がなくなることで廃れていく文化は

思いのほか大きなものなのかも知れない、って

いささか、ピントの外れた思いをおぼえた訳です。

 

 

 

 

ダビドフのパイプたばこ

ダビドフ45周年パイプたばこ.JPG

ーさて、問題です。

ここに100g10,000円のパイプたばこがあります。

あなた、買います?

「たけえなー 何それ?

10人に訊けば11人が高いっていうよね

ゼッタイ買わない」

 

ーでもこれ、ダビドフのパイプたばこなんですよ

「あのダビドフ? 葉巻の? 

ていうか、ダビドフにパイプたばこなんてあるんだ? 以外

・・・・でも・・・高いよね」

 

ー実は、ダビドフがパイプたばこ発売してから、もう45年になるんですよ

それを記念して今年限りのパイプたばこです

「結構、実績あるんだ。 で、リミテッド・エディション?  

でも来年も出るんとちゃう?

リミテッド・エディション2017とかいってさ」

 

ー先のことは何ともいえないけど

もし出たとしても、喫味は違うはずですよ

「でも、なんせ、10,000円だからね

失敗はできないよね」

 

ーこのたばこがフルーツ、チェリー、ローズ、スパイス、プラム、バニラ、ラム

それと蜂蜜の味わいと香りの変化が愉しめるブレンド

だって言ったら興味沸きます?

「え、うそ~ ほんと?

そんなたばこ、聞いたことないよ、ほんとだったらスゴいよね

その通りなら10,000円でも安いのかも・・・・」

 

ーしかも、国内限定300缶

ご丁寧に缶にシリアルナンバーが記載されてるっていう・・・・

後々、幻の銘品とかいわれるのかも・・・・・

「う~ん、10,000円か~」

 

ーさて、問題です。

ここに100g10,000円のパイプたばこがあります。

あなた、買います?

 

 

ページ上部へ