ホーム>やぶしたの「おやじブログ」>新着商品>喫煙具

喫煙具

アルファルファで出来たローリングペーパー

豆科の植物で「ムラサキウマゴヤシ」ってのがあります。

アルファルファ1.jpg

馬が食うかは知らないが、乾燥して牛の飼料にするらしい。

とても栄養価が高くて優秀な飼料らしいが

当の牛は、あまり好きじゃないという代物です。

人間はというと、それを「もやし」にして食するという。

アルファルファ2.jpg

そんな、「ムラサキウマゴヤシ」を英語で「アルファルファ」といいます。

「アルファルファ」で思い出すのは、昔見た「ちびっこギャング」という

TVドラマに出てくる男の子(背の高い子)

ちびっこギャング.jpg

若い人は「ポケモン」の登場人物を

連想するんでしょうが、なにぶん齢がいってるもんで・・・

 

さて、話を戻すと

この「アルファルファ」で紙が漉けるんですねえ

知りませんでした。

まあ、

「こうぞ・みつまた」を漉けば「和紙」になるし

「わら」を漉けば「わら半紙」になるし

「バナナ」を漉けば「バナナ紙」?になるし

基本、繊維があれば紙は漉けるわけですよ

 

でも、「アルファルファ」を漉いて紙造るなんて

少なくとも日本の発想じゃないよね

しかも、それをシャグの巻き紙にするなんざ・・・

 

「PAY-PAY」という巻き紙ブランドがあります。

歴史は古く、300年というからウソでしょ

と突っ込みをいれたくなる。

真偽はともかく、古いらしい

証拠に「スペイン、アルコイ製1764年から」

って書いてある

世界最古のブランドってことです。

 

そんな「PAY-PAY」から今度発売になったのが

「アルファルファ」から作った巻き紙「GoGreen」

GoGreen.JPG

「グリーン」と銘打つだけあって緑色している。

スローバーニング仕様でかなり薄い

50枚入りシングルが100円

100枚入りダブルが200円と平均的な価格

「素材が変われば喫味も変わるでしょ」、と

常々、のたまっている身としては

他のアンブリーチ素材の巻き紙との違いを

報告したいんだけど、今のところ「アルファルファ」

だからっていう決定的な差は見出せてません。

その内見えてくるとは思いますが・・・

 

でも、どれもブラウン系のアンブリーチの中に

グリーン系の紙ってのはちょっと気分が変わって

いいかも

 

ところで、「PAY-PAY」って何て発音します?

当方「ペイペイ」って読むもんだと思ってました。

けど、先日ディストリビュータに注文いれたら

先方が「パイパイ」と言ってました。

どっちがウソをついてるんでしょう・・・

てか、どっちも正解なんだと思います。

 

ということで「ペイペイ」は何となく「下っ端」

みたいに聞こえるから、当店は「パイパイ」

でいこうと思います。

第一、柔らかそうだし美味しそうじゃないですか

ねえ、そう思いません?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「シャロウ」のフィルターが出た

「シャロウ」という銘柄のフィルターチップが発売になります。

新しい会社の製品?

いやいや、老舗です。

もともと、Snuffを作っていて「ウィルソン」の名で流通

(日本では)してる会社です。知ってる?

Wilson1.JPG

その歴史は古く「1737年からイギリス初のSnuffを作ってんだぜ」

って箱に書いてある。

で、今じゃ世界で一番古いSnuff製造メーカーになっちゃった。多分

Wilson2.JPG

そんな会社が作ったフィルターだから手放しで「いいものだ」とは

言わないけど、ずっと、たばこに関わってきた会社が作った

フィルターだということは何となく安定感があるわけです。

 

実際、「フィルター」ってのは、手巻きたばこにとって

喫味の大事な要素なわけです。

ペーパーほどではないけどフィルターを替えると

大分喫味が変わります。

 

素材の違い、太さの違い、長さの違い、硬さの違い

フィルターを巻く紙の有無、・・・・・

 

まあ、いろいろなフィルターを試して自分好みを

決めるのも手巻きタバコの醍醐味ではあるんですけど

 

時々、「このフィルター、吸い終わるころに縮んじゃうよね」

なんて人いるけど、それって強く吸いすぎることが原因

ゆるく巻いて、軽く吸うっていう「cool smoking」が

出来てないことが多いみたい

煙突じゃあないんだから・・・・、煙がたくさん出ればOK!

なんていうのは、まだまだ

 

脱線、脱線

シャロー1.JPG

今回発売の「シゃロウ」のフィルターは全部で4種類

すべて長さ20mm、これはいわゆる「ロング」サイズ

直径は8mmのレギュラーと6mmのスリムと

7.13mmのセミスリム、7.13mmのセミスリム・メンソール

えっ、 7.13mm?

そう、 7.13mm

シャロー2.JPG

「セミスリム」っていう聞き慣れない名前で 直径7.13mm

8mm、7.8mm、7.5mm、7mm、6.5mm、6mm、5.3mm

既存のフィルターはサイズが豊富

でも、7.13mmは初

有名な言葉に

「フィルターの。サイズ変われば、味変わる」ってのが

有ります??が、また新しいタバコへの扉が増えたような

気がします。ホント?

 

Let’s Happy Smoking!

 

各サイズ200本入り324円はありがたい

因みに「チャラい」って意味の「shallow」じゃなくて「Sharrow」

だからね

 


 

"ヒュミディパック72%"が新登場

「おいしいたばこ」の条件にはいくつかあります。

例えば、ゆったり吸える空間とか・・・・

 

まあ、これは気分的なもんですが・・・

 

物理的な条件には

「適度の湿度」てのがあります。

乾いた「葉巻」、乾いた「パイプたばこ」、乾いた「シャグ」

なんてえのは戴けないもんです。

第一「からい」

 

いくら好きな「たばこ」でも吸わなきゃよかった

なんて後悔しちゃう

そんな時は、吸い続けるのはやめて

湿度管理が出来てなかった自分を呪いましょう

 

しかる後に、おもむろに「ヒュミディパック」

そうだ、「ヒュミディパック」に新しいのが出たんです

(白々しくてゴメン)

以前のは69%、今度のは、なんと72%!!

どうです、効きそうじゃないですか

これをたばこに添い寝させれば万事OK

インターミッション明けに本分である喫煙をすれば

いこいのひと時がやってくる訳です

めでたし、めでたし

ヒュミディパック72.JPG

P.S 「ヒュミディパック」ってのは加湿・吸湿を行う

   スモーカーのマストアイテムのことです

   1個195円で、当店にもあります

 

ページ上部へ