ホーム>やぶしたの「おやじブログ」>新着商品

新着商品

アルファルファで出来たローリングペーパー

豆科の植物で「ムラサキウマゴヤシ」ってのがあります。

アルファルファ1.jpg

馬が食うかは知らないが、乾燥して牛の飼料にするらしい。

とても栄養価が高くて優秀な飼料らしいが

当の牛は、あまり好きじゃないという代物です。

人間はというと、それを「もやし」にして食するという。

アルファルファ2.jpg

そんな、「ムラサキウマゴヤシ」を英語で「アルファルファ」といいます。

「アルファルファ」で思い出すのは、昔見た「ちびっこギャング」という

TVドラマに出てくる男の子(背の高い子)

ちびっこギャング.jpg

若い人は「ポケモン」の登場人物を

連想するんでしょうが、なにぶん齢がいってるもんで・・・

 

さて、話を戻すと

この「アルファルファ」で紙が漉けるんですねえ

知りませんでした。

まあ、

「こうぞ・みつまた」を漉けば「和紙」になるし

「わら」を漉けば「わら半紙」になるし

「バナナ」を漉けば「バナナ紙」?になるし

基本、繊維があれば紙は漉けるわけですよ

 

でも、「アルファルファ」を漉いて紙造るなんて

少なくとも日本の発想じゃないよね

しかも、それをシャグの巻き紙にするなんざ・・・

 

「PAY-PAY」という巻き紙ブランドがあります。

歴史は古く、300年というからウソでしょ

と突っ込みをいれたくなる。

真偽はともかく、古いらしい

証拠に「スペイン、アルコイ製1764年から」

って書いてある

世界最古のブランドってことです。

 

そんな「PAY-PAY」から今度発売になったのが

「アルファルファ」から作った巻き紙「GoGreen」

GoGreen.JPG

「グリーン」と銘打つだけあって緑色している。

スローバーニング仕様でかなり薄い

50枚入りシングルが100円

100枚入りダブルが200円と平均的な価格

「素材が変われば喫味も変わるでしょ」、と

常々、のたまっている身としては

他のアンブリーチ素材の巻き紙との違いを

報告したいんだけど、今のところ「アルファルファ」

だからっていう決定的な差は見出せてません。

その内見えてくるとは思いますが・・・

 

でも、どれもブラウン系のアンブリーチの中に

グリーン系の紙ってのはちょっと気分が変わって

いいかも

 

ところで、「PAY-PAY」って何て発音します?

当方「ペイペイ」って読むもんだと思ってました。

けど、先日ディストリビュータに注文いれたら

先方が「パイパイ」と言ってました。

どっちがウソをついてるんでしょう・・・

てか、どっちも正解なんだと思います。

 

ということで「ペイペイ」は何となく「下っ端」

みたいに聞こえるから、当店は「パイパイ」

でいこうと思います。

第一、柔らかそうだし美味しそうじゃないですか

ねえ、そう思いません?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「シャロウ」のフィルターが出た

「シャロウ」という銘柄のフィルターチップが発売になります。

新しい会社の製品?

いやいや、老舗です。

もともと、Snuffを作っていて「ウィルソン」の名で流通

(日本では)してる会社です。知ってる?

Wilson1.JPG

その歴史は古く「1737年からイギリス初のSnuffを作ってんだぜ」

って箱に書いてある。

で、今じゃ世界で一番古いSnuff製造メーカーになっちゃった。多分

Wilson2.JPG

そんな会社が作ったフィルターだから手放しで「いいものだ」とは

言わないけど、ずっと、たばこに関わってきた会社が作った

フィルターだということは何となく安定感があるわけです。

 

実際、「フィルター」ってのは、手巻きたばこにとって

喫味の大事な要素なわけです。

ペーパーほどではないけどフィルターを替えると

大分喫味が変わります。

 

素材の違い、太さの違い、長さの違い、硬さの違い

フィルターを巻く紙の有無、・・・・・

 

まあ、いろいろなフィルターを試して自分好みを

決めるのも手巻きタバコの醍醐味ではあるんですけど

 

時々、「このフィルター、吸い終わるころに縮んじゃうよね」

なんて人いるけど、それって強く吸いすぎることが原因

ゆるく巻いて、軽く吸うっていう「cool smoking」が

出来てないことが多いみたい

煙突じゃあないんだから・・・・、煙がたくさん出ればOK!

なんていうのは、まだまだ

 

脱線、脱線

シャロー1.JPG

今回発売の「シゃロウ」のフィルターは全部で4種類

すべて長さ20mm、これはいわゆる「ロング」サイズ

直径は8mmのレギュラーと6mmのスリムと

7.13mmのセミスリム、7.13mmのセミスリム・メンソール

えっ、 7.13mm?

そう、 7.13mm

シャロー2.JPG

「セミスリム」っていう聞き慣れない名前で 直径7.13mm

8mm、7.8mm、7.5mm、7mm、6.5mm、6mm、5.3mm

既存のフィルターはサイズが豊富

でも、7.13mmは初

有名な言葉に

「フィルターの。サイズ変われば、味変わる」ってのが

有ります??が、また新しいタバコへの扉が増えたような

気がします。ホント?

 

Let’s Happy Smoking!

 

各サイズ200本入り324円はありがたい

因みに「チャラい」って意味の「shallow」じゃなくて「Sharrow」

だからね

 


 

復活 フランドリア

たばこ屋を長くやってると、時々、すでに終売になってる銘柄を懐かしむ人が来ます。

「あのたばこ、旨かったなあ~  

 赤いパッケージだったと思うんだけど・・・  なんてったけかなあ・・・」

「ありましたありました。    なんだったかなあ・・・」

結局、何も分からず仕舞い

「旨かった」という記憶ってのは、次の「旨い」が見つかるまでずっと続くんですかねえ

 

「フランドリア」という銘柄が以前、販売されてました。

(これ手巻きタバコのはなし)

当時は、どちらかと云うと「通」好みのシャグで根強い人気でしたが

しばらくして終売になってしまいました。

当然、愛好家にとっては、突然かつ一方的なお別れはつらいもんです。

「あれ、旨かったよね」

「どっかで手に入らないかなあ」

「あれと似たやつ探してるけど、なかなか無いんだよね」

とか、とか

幸い再発売の話もあったので、懐かしがりつつ、期待してたわけです。

「もう少し待ってください、出る予定になってるらしいから・・・・」

何回言ったことでしょう ホントに

 

しか~し

この秋、「待たせたな~」的に再発売!!

以前のラインナップの「ナチュラル」「ブラック」に「スパニッシュ・バージニア」を

加えて3点、堂々の揃い踏み

フランドリア3種.JPG

 

謎の「スパニッシュ・バージニア」はさておき、あの「フランドリア」が

帰ってきたということです。

今回は見送られた「ベルジック」のファンには、もう少し悶々として戴くとして

まずは、よかったね 

 

これで、「おおかみオジサン」の汚名は払拭できます。

パッケージがちょっと変わって、25g入り590円で発売中

本当によかったゾ

 

 

「スタンレー・リコリス」を吸ってみた

「STANLEY」から「Licorice(リコリス)」が出た。

スタンレーリコリス2.JPG

「リコリス」と聞いて「リコリス・ペーパー」を連想する人、多いと思います。

そもそも「リコリス」とは「甘草(かんぞう)」のことで・・・・・・

 

ちょこっとくせのある甘い風味でジョニー・デップが「LIZLA+.」の

リコリス・ペーパーを愛用してるとか

 

「リコリス」と言われてもそんなこと位しか知りません。

えっ.、草なの?

そうなんだ・・・

で?

もう情けなくなる位の認知度

 

でも、西洋じゃあちょっとした人気者

「リコリス(スペイン・カンゾウ)」の根やオイルで作った

「リコリス菓子」ってのがある。

オランダじゃそれを「ドロップ」と呼び、日本語の「ドロップ」になったそうな

 

じゃあ「ドロップ」は「ドロップ」じゃないんだ

そりゃあ良かった。

彼の「ドロップ」はクソまずいらしいから・・・・

 

何の話だっけ・・・

そうそう、「STANLEY」に「リコリス」が出る話だ。

そのクソまずい「リコリス」をたばこに入れたらどうなるかってこと

で、ここから吸ってみた話

 

ぜんぜん期待してなかったので

無造作にパウチを開くと中から普通にいい香り

着香系とはいえ、目指すものが得体の知れないものだけに

うまくできてるのか、できてないのか分からない訳です。

なんせ「リコリス」ですから・・・

まずは一本

 

えっ、いいじゃん

予防線いっさいなし状態なので感覚がストレート

馴染んじゃってる。たばこに、ほんのり甘くって・・・

 

たばこの成分には「すみれ」の芳香があるって聞いたけど

たばこと同じ「草」なだけに馴染みやすいのかな~

吸い終わって、パウチに鼻を近づけると

何かに似てるような気がした。

何だっけ?

・・・・・・・

そうだ、「ピース」だ!

 

二本目は「ペペ」3に「リコリス」1の割合で混ぜて巻いてみた。

「ピース」に似てると思ったけどちょっと濃すぎると思ったから・・

で、巻いたたばこの先端を鼻に近づけて嗅いでみた。

すると、さっきよりずっと「ピース」っぽく感じた。

 

「ピース」は「バニラ」の香りだという人、多いけど

正式にはなんの表明もないわけで

実は、「リコリス」だったってのも可能性としてはあるわけじゃん

 

二本目はそこんとこ意識して吸ったら

やっぱり、「ピース」っぽく感じるんですねこれが

 

おおきい声でいうとあれなんで

ちいさい声で言いますけど

「ペペ」で薄めてやると「ピース」っぽくなるよ

この「スタンレー・リコリス」は・・・

だから何?

いやいや、それだけ

 

実はパイプたばこに「ボルクムリーフ・リコリス」っていう

ボルクムリーフリコリス.JPG

先輩がいるんだけどそっちも試したくなっちゃいました

 

 

「スタンレー・リコリス」30g入り690円で新発売

同時に「スタンレー・レモン」も出たので

ぜひ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダビドフのパイプたばこ

ダビドフ45周年パイプたばこ.JPG

ーさて、問題です。

ここに100g10,000円のパイプたばこがあります。

あなた、買います?

「たけえなー 何それ?

10人に訊けば11人が高いっていうよね

ゼッタイ買わない」

 

ーでもこれ、ダビドフのパイプたばこなんですよ

「あのダビドフ? 葉巻の? 

ていうか、ダビドフにパイプたばこなんてあるんだ? 以外

・・・・でも・・・高いよね」

 

ー実は、ダビドフがパイプたばこ発売してから、もう45年になるんですよ

それを記念して今年限りのパイプたばこです

「結構、実績あるんだ。 で、リミテッド・エディション?  

でも来年も出るんとちゃう?

リミテッド・エディション2017とかいってさ」

 

ー先のことは何ともいえないけど

もし出たとしても、喫味は違うはずですよ

「でも、なんせ、10,000円だからね

失敗はできないよね」

 

ーこのたばこがフルーツ、チェリー、ローズ、スパイス、プラム、バニラ、ラム

それと蜂蜜の味わいと香りの変化が愉しめるブレンド

だって言ったら興味沸きます?

「え、うそ~ ほんと?

そんなたばこ、聞いたことないよ、ほんとだったらスゴいよね

その通りなら10,000円でも安いのかも・・・・」

 

ーしかも、国内限定300缶

ご丁寧に缶にシリアルナンバーが記載されてるっていう・・・・

後々、幻の銘品とかいわれるのかも・・・・・

「う~ん、10,000円か~」

 

ーさて、問題です。

ここに100g10,000円のパイプたばこがあります。

あなた、買います?

 

 

ヴィンセントマニル吸ったゾ!

「Vincent MANIL FINE CUT」が正式販売された。

100g入り3800円

【ウソでしょ? 1g=38円じゃん 高け~】

商品の説明をすると9割方、否、9割5分の人はそんな感じ

ヴィンセントマニル1.JPG

第一、パウチでもなければ缶でもない。金紙でくるまれた立方体で

ちょっと見、金のインゴットみたいだ(見たこたー無いけど・・・)

ヴィンセントマニル2.JPG

『何とも「らしくない」風体だよね、このシャグ

生まれはベルギーのスモワ少し前に、「フロリーナ」ってシャグが

あったけど、それと同じ産。

フロリーナ.JPG

味も香りも「フロリーナ」っぽいですね。

吸ったことある人? じゃあ、そんな感じです。』

ってな説明

『ああ、吸ったことないですか

独特のココアっぽい色をしていて、他のシャグにはない色してますねえ

香りも、これまた独特ですねえ

当然、喫味は、独特で強いけど甘みがありますねえ・・・・

 

もう独特のオンパレード

強いて言えば「スタッドオートマールスム」

そうそう「タバカレラ・シャグ」にも似てる気がします。

それも吸ったことない?

そうか~ 

じゃあ、キセルたばこの「クロフネ」なんてのはどう?・・・・・・』

 

これは俗に言う「黒たばこ」ってやつで

ダーク・ケンタッキー(暗色干葉)なんかと同類

イタリアやフランスに伝わって、有名になっちゃった。

ベルギーは伝統的に「暗色干葉」の産地

ダーク・ケンタッキーとはちょと違う

つまり、納屋に吊るくって空気で乾燥ってやつ

どちらも「黒い」んで黒たばこ。

ということは「ペリク」も「ラタキア」も「黒たばこ」ってことになる?

そ~なんです。

「黒たばこ」は一般的に「バージニア葉(黄色種)」に比べて

コクがあって、強いようで今回吸った「ビンセント・マニル」も

ズシっとくる感じ

でも、「バージニア葉(黄色種)」みたいに乾燥すると途端に

からくなる訳ではないので「加湿」して吸うも良し

「乾燥」気味で吸うも良しで、いろんな楽しみ方ができる訳

ヴィンセントマニル3.JPG

普段、「バージニア」吸いの人なんで、時々「黒たばこ」を

試したくなる訳です。そんな時は、ちょっと乾きぎみの

「ビンセント・マニル」でキメたいなあ、と思う次第です。

今回の「ファインカット」と同時発売で「Vincent MANIL WIDE CUT」

ってのがあります。葉っぱも値段も一緒。

カット幅が少し広いってのだけが違うたばこです。

パイプ用途だけど、手巻きもできそうなので・・・・

今度試したいな~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

ラールセン・クラフツマンズ・エディションを吸ってみた

W.O.ラールセンといえば、アメリカンタイプのパイプたばこで人気のメーカーです。

例えば、「マスターズブレンド」なんてのは、「ずっとこれですよ」って人結構います。

マスターズブレンド.JPG

そんな「W.O.ラールセン」の創業は、今年151周年というから日本の元号で言えば

慶応元年、実に江戸時代最末期に創業された訳です。

「ラールセン1864」って製品もあるんで、創業当初に作られた製品が

創業152年目の今も出ているってスゴイねって、はなし

 

そんな老舗から、毎年「イヤーズ・エディション」が出ていて既存の製品にはない

喫味のたばこが楽しめます。これがプロトタイプかと思いきや、新製品が出てない

(少なくとも日本では出ていない)とこをみると、本当に限定商品なんですね。

だから、「一昨年のがよかった」とか、ねえ、言うわけですよ

ラールセン2016.JPG

因みに、今年の「エディション2016」は濃い目のバニラ&コーヒーにココナッツ風味

だそうで気になる内容になってます。

100g缶で4000円がお約束の定価ですが、もう二度と吸えない完全限定品なら

「あのラールセンのたばこだし、いいんじゃないの」な人結構いるかも・・・

 

冒頭で書いたように、ラールセンは今年、創業151周年。

然るに、去年、2015年は創業150周年だったわけです。

普通、何か祝いますよねえ

お察しのように、「創業150周年記念限定ブレンド」ってのが100g缶4500円で

出ました。それはそれはやさしい喫味のたばこで、とにかくスムースなたばこでした。

ラールセン150年.JPG

かのたばこを吸いながら、「来年、151周年記念とかいって出たら面白いよね」って

言ってお客様と笑ったもんです。

それがよもや現実になるとは

ラールセン151年ー2.JPG

「創業151周年記念」という冠がちょっと弱いというか、笑えるというか・・・

単に、「イヤーズエディション2016プレミアム版」という名前でよかったんじゃ

ってツッコミを入れたい感じ

でも吸ってみると、そんなことはどうでもいい位にいい出来

500円高いのに・・・

 

ここでまず、500円の差って何かについて思いを馳せるわけです。

原料の差?  パッケージングの差?  手間賃?

ものとか手間の差はたいして大きくはないんじゃないかと思うんです、わたしは。

じゃあ何が差を生んだか?

ブレンダーが頭に思い描いた理想のたばこに近いものが出来たから

これは500円高くする価値がある、と考えたんだと思うんです。

な~んてことを思ってみました。

ラールセン151年ー1.JPG

味がマイルドだとか、燃えがいいとか、エグ味がないとか、香りがいいとか・・・

そんな分かり易い違いは微々たるもんです。

それら微々たる違い全部が醸し出す何となく、落ち着くやさしさと得もいえぬ

上品さはなかなか味わえないものです。

この何となく違う部分がこのたばこの価値なんだね。

 

そう思いながら入れ物の缶を見たら

「CRAFT’SMANS EDITION」と書いてあんじゃん

そうだよね~

 

 

 

 

 

 

 

 

 


表示表示表示表示

パピヨン・メンソールを吸ってみた

本日発売の「パピヨン・メンソール」を吸ってみた。

パッケージはこんなです。

パピヨン・メンソール1.JPG

開封すると、「Smoking」の「BrownSingle」が付いている。

パピヨン・メンソール2.JPG

何故か得した気分

葉っぱは黒っぽく、ふんわりしている。

香りは「パピヨン・ハーフスワレ」に薄っすらメンソールをプラスって感じでいい

 

早速、一本

一服目、意外とメンソール強めでビックリ

「パピヨン」がメンソールに手こずってるって感じ?

「パピヨン」感がない訳ではなく、バランスがちょこっとメンソールにいってるって

いうのかな?

まあ、普段メンソールを吸わない人なんで、そこはまあ・・・・

各人のフィルターを通して察してください。

 

ということで、メンソール感を薄めるべく非メンソールシャグと混ぜてみた。

パピヨン・メンソール5.JPG

まず「ドラム」 :「ドラム」が主張しすぎて味にまとまりがない。

          メンソール感は、いい具合になるんだけどね

          「パピヨン」感が激減

次は「ぺぺ・イージーグリーン」 

         :「パピヨン」感もメンソール感も半減

          予想通りでニンマリ、ダメパターンです。

最後は、当然「パピヨン・ハーフスワレ」

         :当たり前だよね。これが一番

          メンソール感を抑えて「パピヨン」感倍増

          うまい!!

          因みに、1:1でミックスしました。

 

という訳で、強いメンソールが苦手な人には同じ「パピヨン」で

薄めてやれば、自分に合ったタバコが吸えるということ

都合のいいことに、「パピヨン・メンソール」は「パピヨン・ハーフスワレ」に

メンソールを加えただけ(フレーバーは一緒)のように思えるので

こんなことが出来るんだと思うわけですよ

じゃあ、「パピヨン」をメンソール・フィルターで吸えばいいじゃん

いやいや、それじゃあメンソール感の調節は出来ないでしょ

強いメンソールが苦手な人でも、淡いメンソールならOKな人

結構いますよ。

そんな人には、お薦め

ということは、強いメンソールは逆に都合がよかったってこと?

ブレンド具合で人それぞれの「パピヨン」が吸えちゃうわけだから・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コルツ・ライチを吸った

コルツのシャグに「ライチ」が加わった。

コルツ・ライチ1.JPG

え? ライチ?

って驚いたけど、吸ってみるとなるほど「ライチ」だ

当方が若いころには、ライチ? 何それ?

だった訳で、なかなかなじみのないフルーツだけど

近頃では、その独特の味と香りが酒やジュースで大人気

何でも「ライチ」は台湾由来の名前で、

欧米では「レイシー」とか呼ばれてるらしい

 

そんな「ライチ」の香りのたばこなんですけど

正直な話、大丈夫?感がアリアリ

そう思いません?

コルツ・ライチ2.JPG

でも、開封して鼻を近づけると、「ああ、これこれ」な訳

すっごく「ライチ」のまんま

巻いてる時点でもう、むせ返りそうな「ライチ」

 

吸う

予想通りとんでもなく「ライチ」

何だこれ

後味も「何だこれ」の「ライチ」

出来良過ぎ

自分の中では、これまで「エクセレント・マンゴー」が

本物そっくりNo.1だったけど

「ライチ」だ出たことで「マンゴー」はNo.2に

成り下がった感じ

 

じゃあと、どこまで「ライチ」か試してみる

一発目はコーヒー飲みながら吸ったので

 

次は、するめを齧りながら・・・

んん、「ライチ」が複雑になっちゃった。 

 

最後にりんご食べながら吸ってみた

こりゃダメだ。「ライチ」がボケちゃった

 

最初から予想できた結果だけど

フレーバー系のシャグはブラックコーヒーやお茶と共に

吸うのがいい

口の中がニュートラルでないとフレーバーが

ちゃんと感じられないという、当ったり前なことに

気づいた訳です。

是非、ブラックコーヒーを飲みながら吸ってもらいたいもんです。

 

そんな「コルツ・ライチ」はシリーズ他と同様40g入り

880円で新発売です。

 

ところで、「コルツ」のシャグは欧米では発売されてないらしい

ということは、「コルツ・ライチ」を気に入った外国人が

買い占めたりしたする、ってことも・・・・・

んなこたーないか

 

好き過ぎて毎んち「ライチ」なんて人も出てくるかも・・・・

そんな、シャグです。

 

 

 

バリシャグに2銘柄追加

申し訳ない、ちょっと先のはなしで(2015-06-26時点で)

 

実は「バリシャグ」の「ハーフスワレ」「ラウンデッド・バージニア」が

10g増量で970円

「ネイチャー」がまだ価格・容量が未定(増量はしそうな、しなさそうな)

なお、増量記念? で新たに

「プレミアム・バージニア」と「ブルー・アメリカンブレンド」の

2銘柄が追加発売されます。

この2銘柄は40g入りだけど価格が未定

と、ややややこしい、ああ、ややこしい

とにかく、8月には出るような出ないような・・・・

パッケージはこんなです。


バリシャグ.jpg

ページ上部へ