ホーム>やぶしたの「おやじブログ」>タバコの紹介>葉巻

葉巻

1本7000円の葉巻は仄かにさくらの香りがした

「タバコの葉」が「たばこらしい喫味」になるのは偶然ではありません。

 

まず、お百姓さんが「タバコの葉」を「葉たばこ」に仕上げます。

「キュアリング(乾燥)」というやつです。

これが大層大事な工程で、急激に脱水すると、くそまずい

否、大変よろしくない葉っぱになるそうで・・・

 

その後、たばこ製造所に持ち寄った「葉たばこ」を

ああでもない、こうでもないとブレンドとかなんかしたりして

「たばこ」が出来るようです。

「シガレット」「パイプたばこ」に限らず「葉巻」なんてのも

その部類なわけです。

 

そうして出来上がった「たばこ」にはピンからキリまであって

特に「葉巻(プレミアム・シガー)」にその差が大きいようです。

こと価格に関していえば、1本400円前後から10000円以上のものまで

様々

一体、何が違うの? と云いたくなっちゃう・・・・

 

と、ここまでが昨日までのおじさん、でも今日のおじさんはチョト違う

価格に差があるのは、単に大人の事情だけじゃないゾと思えたから

 

実は、「ダビドフ」から「TOKYO EDITION 2015」という葉巻が出ました。

1本7000円です。勿論、限定品

ダビドフ2015ー1.JPG

それをお客様に吸わせて頂いたんです。

はじめ、7000円は確かにうまそうだけど

初めて吸った4000円ほどかなあと・・・

ダビドフ2015-2.JPG

でも、全然違った

細かい香りの粒が口中に拡がるさまは

まさにアート

ダビドフ2015-3.JPG

うまい~!!!!

しかも、吸いはじめて1cmほど燃えたころから

仄かに「さくら」の香りさえしてきます。

スゴイ

 

と、まあ、こと「葉巻」に関しては認識を

オーヴァーライトされちゃいました

 

その印象を数式にすると

7000-4000 > 4000-1000 

???

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ