ホーム>やぶしたの「おやじブログ」>タバコの紹介>パイプたばこ

パイプたばこ

ダビドフのパイプたばこ

ダビドフ45周年パイプたばこ.JPG

ーさて、問題です。

ここに100g10,000円のパイプたばこがあります。

あなた、買います?

「たけえなー 何それ?

10人に訊けば11人が高いっていうよね

ゼッタイ買わない」

 

ーでもこれ、ダビドフのパイプたばこなんですよ

「あのダビドフ? 葉巻の? 

ていうか、ダビドフにパイプたばこなんてあるんだ? 以外

・・・・でも・・・高いよね」

 

ー実は、ダビドフがパイプたばこ発売してから、もう45年になるんですよ

それを記念して今年限りのパイプたばこです

「結構、実績あるんだ。 で、リミテッド・エディション?  

でも来年も出るんとちゃう?

リミテッド・エディション2017とかいってさ」

 

ー先のことは何ともいえないけど

もし出たとしても、喫味は違うはずですよ

「でも、なんせ、10,000円だからね

失敗はできないよね」

 

ーこのたばこがフルーツ、チェリー、ローズ、スパイス、プラム、バニラ、ラム

それと蜂蜜の味わいと香りの変化が愉しめるブレンド

だって言ったら興味沸きます?

「え、うそ~ ほんと?

そんなたばこ、聞いたことないよ、ほんとだったらスゴいよね

その通りなら10,000円でも安いのかも・・・・」

 

ーしかも、国内限定300缶

ご丁寧に缶にシリアルナンバーが記載されてるっていう・・・・

後々、幻の銘品とかいわれるのかも・・・・・

「う~ん、10,000円か~」

 

ーさて、問題です。

ここに100g10,000円のパイプたばこがあります。

あなた、買います?

 

 

「150周年」って本当?

たばこ屋をやってる関係上、たばこを吸います。

取り扱ってる銘柄は一通りいっちゃってます。

 

でも、最近の「シガレット」の新製品群ときたら・・・

何とも、たばこ屋泣かせです。

 

突然ですが

「特別限定品のたばこ」というものがあります。

所謂、「スペシャル・エディション」と云われるものです。

年に1回出るものや、ある期間中だけ発売されるものなど

 

この限定品も、たばこ屋にとっては厄介なものです。

というのは、吸わないと勧めにくいし

吸ってたら商売にならないじゃないですか

何しろ、数に限りがあるわけですから・・・

 

そんなジレンマを知ってか

常連さんたちは「まだ吸ってなかったら、あげるよ」

と言ってくださる。

お買い上げ直後に店内で、試喫大会ですよ

本当にありがたいことです。

 

昨日も、そんな試喫大会があったばかりです。

 

まな板に乗ったのは「ラールセンの創業150周年記念」

100g4500円のパイプたばこです。

ラールセン150周年.JPG

バニラ、プラム、ヌガーフレーバーのブラックキャベンディッシュ

オレンジ・バージニア

ダーク・ケンタッキーのブレンドらしい

 

吸った感想

ファーストノートが何ともいえないいい香り

「バラの香り」のようにやわらかい。

フレーバーはバニラでもプラムでも、

ましてやヌガーでもない淡い風味

すごく上品な感じがする。

それ以上に火持ちのいいことでビックリです。

しばらく吸い続けてもエグミがまったく無い

さすが150周年として出すだけのことはある。

 

という具合でいい時間を過ごしました。

これで、自信を持ってお客様に勧められる

 

ところで、店に「ボルクムリーフ」の「リミティッド・エディション」

ってパイプたばこが1つだけ有るんですよ。

これはまだ吸ったことがなくて・・・・

誰かいっしょに「試喫大会」しません?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ