ホーム>やぶしたの「おやじブログ」

やぶしたの「おやじブログ」

雑感

先日、お客様がぼやいてました。

市役所のロビーでたばこを吸おうとしたら

いつものところに灰皿がない

受付に問い質すと、ずっと先の喫煙所を案内された。

細く長い廊下をしばらく歩くと、灰皿があった。

先にいた人達が無言で窮屈そうに喫煙していたそうだ。

と、まあ、喫煙者あるある話

 

「でもさあ、本来なら感謝されてもいいはずだよねっ

受付で 『喫煙されてますか?』 なんて訊かれて

『ああ』 とか答えると、 『じゃあ、このバッジつけてください』

とか言われる。

見ると 【喫煙者さま】とか書いてあるわけよ。

用事を済ますために、所内を歩いていると、何処からともなく

『お世話になっております』とか『いつも、ありがとうございます』

職員がさあ、胸のバッジを見て頭下げるんだよね。

そういう時代が・・・、まあ、来るこたーねえか・・・・

オレなんかヘビースモーカーだから、さしずめ金バッジだろうけどね・・・」

 

一方、オランダじゃあ、大違い

スモーカー認定されると、年金に16%の上乗せがされるらしい

条件は、[過去5年、毎日10本以上の紙巻たばこを吸い

途中1ヶ月以上禁煙しなかった人]

なんとちょろい

どういう経緯で決まった条件かは知らないけど

当方なんざ、プラス25%でもいいくらいのスモーカーなんですけど・・・・

 

と、愚痴ってみても、スモーカーの声なんてえものは

所詮、世間の風に吹き消されてどこにも届かないってもんですよ。はい

 

Speech is silver, silence is golden

やっぱ、金バッジだ(意味不明)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎オランダの状況

 

ヴィンセントマニル吸ったゾ!

「Vincent MANIL FINE CUT」が正式販売された。

100g入り3800円

【ウソでしょ? 1g=38円じゃん 高け~】

商品の説明をすると9割方、否、9割5分の人はそんな感じ

ヴィンセントマニル1.JPG

第一、パウチでもなければ缶でもない。金紙でくるまれた立方体で

ちょっと見、金のインゴットみたいだ(見たこたー無いけど・・・)

ヴィンセントマニル2.JPG

『何とも「らしくない」風体だよね、このシャグ

生まれはベルギーのスモワ少し前に、「フロリーナ」ってシャグが

あったけど、それと同じ産。

フロリーナ.JPG

味も香りも「フロリーナ」っぽいですね。

吸ったことある人? じゃあ、そんな感じです。』

ってな説明

『ああ、吸ったことないですか

独特のココアっぽい色をしていて、他のシャグにはない色してますねえ

香りも、これまた独特ですねえ

当然、喫味は、独特で強いけど甘みがありますねえ・・・・

 

もう独特のオンパレード

強いて言えば「スタッドオートマールスム」

そうそう「タバカレラ・シャグ」にも似てる気がします。

それも吸ったことない?

そうか~ 

じゃあ、キセルたばこの「クロフネ」なんてのはどう?・・・・・・』

 

これは俗に言う「黒たばこ」ってやつで

ダーク・ケンタッキー(暗色干葉)なんかと同類

イタリアやフランスに伝わって、有名になっちゃった。

ベルギーは伝統的に「暗色干葉」の産地

ダーク・ケンタッキーとはちょと違う

つまり、納屋に吊るくって空気で乾燥ってやつ

どちらも「黒い」んで黒たばこ。

ということは「ペリク」も「ラタキア」も「黒たばこ」ってことになる?

そ~なんです。

「黒たばこ」は一般的に「バージニア葉(黄色種)」に比べて

コクがあって、強いようで今回吸った「ビンセント・マニル」も

ズシっとくる感じ

でも、「バージニア葉(黄色種)」みたいに乾燥すると途端に

からくなる訳ではないので「加湿」して吸うも良し

「乾燥」気味で吸うも良しで、いろんな楽しみ方ができる訳

ヴィンセントマニル3.JPG

普段、「バージニア」吸いの人なんで、時々「黒たばこ」を

試したくなる訳です。そんな時は、ちょっと乾きぎみの

「ビンセント・マニル」でキメたいなあ、と思う次第です。

今回の「ファインカット」と同時発売で「Vincent MANIL WIDE CUT」

ってのがあります。葉っぱも値段も一緒。

カット幅が少し広いってのだけが違うたばこです。

パイプ用途だけど、手巻きもできそうなので・・・・

今度試したいな~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

ラールセン・クラフツマンズ・エディションを吸ってみた

W.O.ラールセンといえば、アメリカンタイプのパイプたばこで人気のメーカーです。

例えば、「マスターズブレンド」なんてのは、「ずっとこれですよ」って人結構います。

マスターズブレンド.JPG

そんな「W.O.ラールセン」の創業は、今年151周年というから日本の元号で言えば

慶応元年、実に江戸時代最末期に創業された訳です。

「ラールセン1864」って製品もあるんで、創業当初に作られた製品が

創業152年目の今も出ているってスゴイねって、はなし

 

そんな老舗から、毎年「イヤーズ・エディション」が出ていて既存の製品にはない

喫味のたばこが楽しめます。これがプロトタイプかと思いきや、新製品が出てない

(少なくとも日本では出ていない)とこをみると、本当に限定商品なんですね。

だから、「一昨年のがよかった」とか、ねえ、言うわけですよ

ラールセン2016.JPG

因みに、今年の「エディション2016」は濃い目のバニラ&コーヒーにココナッツ風味

だそうで気になる内容になってます。

100g缶で4000円がお約束の定価ですが、もう二度と吸えない完全限定品なら

「あのラールセンのたばこだし、いいんじゃないの」な人結構いるかも・・・

 

冒頭で書いたように、ラールセンは今年、創業151周年。

然るに、去年、2015年は創業150周年だったわけです。

普通、何か祝いますよねえ

お察しのように、「創業150周年記念限定ブレンド」ってのが100g缶4500円で

出ました。それはそれはやさしい喫味のたばこで、とにかくスムースなたばこでした。

ラールセン150年.JPG

かのたばこを吸いながら、「来年、151周年記念とかいって出たら面白いよね」って

言ってお客様と笑ったもんです。

それがよもや現実になるとは

ラールセン151年ー2.JPG

「創業151周年記念」という冠がちょっと弱いというか、笑えるというか・・・

単に、「イヤーズエディション2016プレミアム版」という名前でよかったんじゃ

ってツッコミを入れたい感じ

でも吸ってみると、そんなことはどうでもいい位にいい出来

500円高いのに・・・

 

ここでまず、500円の差って何かについて思いを馳せるわけです。

原料の差?  パッケージングの差?  手間賃?

ものとか手間の差はたいして大きくはないんじゃないかと思うんです、わたしは。

じゃあ何が差を生んだか?

ブレンダーが頭に思い描いた理想のたばこに近いものが出来たから

これは500円高くする価値がある、と考えたんだと思うんです。

な~んてことを思ってみました。

ラールセン151年ー1.JPG

味がマイルドだとか、燃えがいいとか、エグ味がないとか、香りがいいとか・・・

そんな分かり易い違いは微々たるもんです。

それら微々たる違い全部が醸し出す何となく、落ち着くやさしさと得もいえぬ

上品さはなかなか味わえないものです。

この何となく違う部分がこのたばこの価値なんだね。

 

そう思いながら入れ物の缶を見たら

「CRAFT’SMANS EDITION」と書いてあんじゃん

そうだよね~

 

 

 

 

 

 

 

 

 


表示表示表示表示

「ライスペーパー」ってなによ

常連さんから「ZigZagイエローダブル」をもらった。

 

「これ、あげるよ」zigzag-w1.JPG

「ええ?、 使わないってこと?」と言って見たら

「Rice」って書いてある

なんだこれ?

うちの店で売っている「ZigZag」にはこんな記述はない。

急いでバーコードをチェックzigzag-w2.JPG

”300-”で始まってるのでフランス製だ

でもこんなの見たこと無い

なんでも、シンガポールのお土産だとか・・・

 

早速、両ペーパーを比べてみる

いささかシンガポールの方が薄いようにも思えるが、ほぼ一緒

 

ここで先ず整理

そもそも、「Rice Paper」とはなんぞや

よくさあ、「極薄紙」のこと「ライスペーパー」なんて云ったりするけど

本来は、厚かろうが、薄かろうがたばこを巻く紙自体を

「ライスペーパー」というんです。

 

じゃあ、何で「ライスペーパー」って呼ぶのか?

本来、ベトナム辺りの米製のシート状の食材が「ライスペーパー」カミヤツデ.jpg

これと間違えちゃった、ってのが簡単で分かり易いんだ

けど、話はそう簡単ではないんで、マダマダイクヨ~

 

その昔、「通草紙(つうそうし)」という紙?がありました。

「カミヤツデ(紙八手)」という中国、台湾原産の常緑

低木の茎の髄を桂剥きしてつくったもので

かつては造花(水中花)や書画で使われてらしい

この「通草紙」を見て、ヨーロッパ人が「ライスペーパー」通草紙1.jpg

と間違えた。

だから、「カミヤツデ」を英語で「 Rice- paper Plant」

いうんです。

実に、ここで間違えちゃったわけよ。

 

それでもって、ヨーロッパで初期の紙巻タバコの巻き紙

通草紙2.jpgが「通草紙」に似てたことから「ライスペーパー」と

呼ばれるようになったとさ

おしまい

 

だから「ZigZagイエローダブル」の「Rice」には米粉は

使われておりません。通草紙3.jpg

もし米粉が使われてるとしたら「焼きおにぎり」っぽい香

りがする?と思う

それはそれで、興味深いけどね・・・・

 

 

 


 

パピヨン・メンソールを吸ってみた

本日発売の「パピヨン・メンソール」を吸ってみた。

パッケージはこんなです。

パピヨン・メンソール1.JPG

開封すると、「Smoking」の「BrownSingle」が付いている。

パピヨン・メンソール2.JPG

何故か得した気分

葉っぱは黒っぽく、ふんわりしている。

香りは「パピヨン・ハーフスワレ」に薄っすらメンソールをプラスって感じでいい

 

早速、一本

一服目、意外とメンソール強めでビックリ

「パピヨン」がメンソールに手こずってるって感じ?

「パピヨン」感がない訳ではなく、バランスがちょこっとメンソールにいってるって

いうのかな?

まあ、普段メンソールを吸わない人なんで、そこはまあ・・・・

各人のフィルターを通して察してください。

 

ということで、メンソール感を薄めるべく非メンソールシャグと混ぜてみた。

パピヨン・メンソール5.JPG

まず「ドラム」 :「ドラム」が主張しすぎて味にまとまりがない。

          メンソール感は、いい具合になるんだけどね

          「パピヨン」感が激減

次は「ぺぺ・イージーグリーン」 

         :「パピヨン」感もメンソール感も半減

          予想通りでニンマリ、ダメパターンです。

最後は、当然「パピヨン・ハーフスワレ」

         :当たり前だよね。これが一番

          メンソール感を抑えて「パピヨン」感倍増

          うまい!!

          因みに、1:1でミックスしました。

 

という訳で、強いメンソールが苦手な人には同じ「パピヨン」で

薄めてやれば、自分に合ったタバコが吸えるということ

都合のいいことに、「パピヨン・メンソール」は「パピヨン・ハーフスワレ」に

メンソールを加えただけ(フレーバーは一緒)のように思えるので

こんなことが出来るんだと思うわけですよ

じゃあ、「パピヨン」をメンソール・フィルターで吸えばいいじゃん

いやいや、それじゃあメンソール感の調節は出来ないでしょ

強いメンソールが苦手な人でも、淡いメンソールならOKな人

結構いますよ。

そんな人には、お薦め

ということは、強いメンソールは逆に都合がよかったってこと?

ブレンド具合で人それぞれの「パピヨン」が吸えちゃうわけだから・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コルツ・ライチを吸った

コルツのシャグに「ライチ」が加わった。

コルツ・ライチ1.JPG

え? ライチ?

って驚いたけど、吸ってみるとなるほど「ライチ」だ

当方が若いころには、ライチ? 何それ?

だった訳で、なかなかなじみのないフルーツだけど

近頃では、その独特の味と香りが酒やジュースで大人気

何でも「ライチ」は台湾由来の名前で、

欧米では「レイシー」とか呼ばれてるらしい

 

そんな「ライチ」の香りのたばこなんですけど

正直な話、大丈夫?感がアリアリ

そう思いません?

コルツ・ライチ2.JPG

でも、開封して鼻を近づけると、「ああ、これこれ」な訳

すっごく「ライチ」のまんま

巻いてる時点でもう、むせ返りそうな「ライチ」

 

吸う

予想通りとんでもなく「ライチ」

何だこれ

後味も「何だこれ」の「ライチ」

出来良過ぎ

自分の中では、これまで「エクセレント・マンゴー」が

本物そっくりNo.1だったけど

「ライチ」だ出たことで「マンゴー」はNo.2に

成り下がった感じ

 

じゃあと、どこまで「ライチ」か試してみる

一発目はコーヒー飲みながら吸ったので

 

次は、するめを齧りながら・・・

んん、「ライチ」が複雑になっちゃった。 

 

最後にりんご食べながら吸ってみた

こりゃダメだ。「ライチ」がボケちゃった

 

最初から予想できた結果だけど

フレーバー系のシャグはブラックコーヒーやお茶と共に

吸うのがいい

口の中がニュートラルでないとフレーバーが

ちゃんと感じられないという、当ったり前なことに

気づいた訳です。

是非、ブラックコーヒーを飲みながら吸ってもらいたいもんです。

 

そんな「コルツ・ライチ」はシリーズ他と同様40g入り

880円で新発売です。

 

ところで、「コルツ」のシャグは欧米では発売されてないらしい

ということは、「コルツ・ライチ」を気に入った外国人が

買い占めたりしたする、ってことも・・・・・

んなこたーないか

 

好き過ぎて毎んち「ライチ」なんて人も出てくるかも・・・・

そんな、シャグです。

 

 

 

バリシャグに2銘柄追加

申し訳ない、ちょっと先のはなしで(2015-06-26時点で)

 

実は「バリシャグ」の「ハーフスワレ」「ラウンデッド・バージニア」が

10g増量で970円

「ネイチャー」がまだ価格・容量が未定(増量はしそうな、しなさそうな)

なお、増量記念? で新たに

「プレミアム・バージニア」と「ブルー・アメリカンブレンド」の

2銘柄が追加発売されます。

この2銘柄は40g入りだけど価格が未定

と、ややややこしい、ああ、ややこしい

とにかく、8月には出るような出ないような・・・・

パッケージはこんなです。


バリシャグ.jpg

69対72の戦い

「今年の梅雨は、まじ梅雨だったよね」

「うん、体にカビもんだったよ」

な会話があちこちから聞こえてきそうな?

今日この頃ですが・・・・  ん

まあ、手巻きストにとっては湿度が高いのは

悪いことばっかじゃないわけですが・・・

 

湿度といえば、「ヒュミディパック」というものがあります。

今回はこの「ヒュミディパック」のはなし

ヒュミディパック2.JPG

これは容器内の湿度を一定にするアイテムです。

シャグのパウチに掘り込んどく、あれね。

小さなサイズのものに、69%、72%の2種類が

あって、同じ価格の195円で販売中です。

で、容器内の湿度を70%前後にするんだけど

何になるの?  って思いません?

 

そもそも、たばこ自体は12%~14%位の湿度

のものが旨いって言われてる訳です。

温度によって湿度も変わるんで一概に決められない

けどそんならしいです。

シガレットのグリセリン(保湿剤)量は20℃、60%の

条件下で12%になるように決めてるそうだし

プレミアム・シガーはヒュミドール内の湿度を70%前後に

保つのが望ましいとされてるしね。

だから、70%前後の湿度の中にシャグ入れとけば

旨いシャグになるんじゃね、といった親心で

それもこれも、適当に湿ったたばこは旨いぞ、ということ

 

突然ですが、ここで問題です。

今、69%と72%のヒュミディパックがあります。

この2つを一緒の容器に入れたらどうなるんでしょうか?

当然、69%は辺りを69%にします。

同様に、72%は辺りを72%にするはずです。

さて、答えは・・・・

 

で、やってみた

3,4日放っておいたら69%がやたら膨らんで

72%は痩せちゃってた。

見た目は寸分違わずの両者だけど、

変化が出たのは、まじめに働いてるという証拠

スグレモノ~

 

 

 


 

ブラックデビルにフレーバー・シャグ2銘柄追加

「ブラックデビル」といえば黒くて、ココナッツで

ストレート良し、ブレンドに良しのスグレモノ・シャグですが

この度、「QT-HONEY」と「GB8-ICE」というもんが出ます。

「QT-HONEY」は「キューティーハニー」と読み、蜂蜜風味

「GB8-ICE」は「グレートアイス」と読むらしく、メンソール味

ブラックデビル新製品.jpg

共に40g入り920円

今週末辺りに味見できそうです。

 

 

「スヌース」ってどうよ

「嗅ぎたばこ(スナッフ)」というものが世の中にはあります。

微粉末のたばこです。これを鼻から吸うわけです。

鼻から吸うんで「嗅ぎたばこ」、わかりやすいね。

 

でも、中学生の時に『皇帝のかぎ・煙草入れ』って

推理小説を読んだ時には、ちんぷんかんぷん

まさか、『皇帝の嗅ぎたばこ・入れ』だったとはね

嗅ぎたばこ入れ』は

中国製のが高級品とかで「香炉」なんぞを連想する始末

ロング&ワインディングな道のりでした。

で、今じゃ、その「嗅ぎたばこ」を売ってます。

 

日本じゃ、「サミュエル・ガーウィズ」「ポッシェル」「ウィルソン」など

から出てるやつが手に入るけど、鼻から勢い良く吸い込むと

必ず、くしゃみと鼻水が出るんですよ。

だから昔の人は、布持って鼻に当てたもんです。

それが、ポケットチーフの始まりだとか・・・・

いや~、ホントホント

 

でも、ポケットチーフなんぞ使いたくねー な人が

スウェーデンの方に居たらしく、「スヌース」が出て来た。

鼻から吸うからいろんなもんが出ちゃうんだよ

口に入れときゃNoProblem、と云ったかどうかは

ノータッチですが、とにかく、嗅ぎたばこを一掴み

歯茎に挟んで楽しんだのが始まりらしい

そのうち、汚れないように紙で包んだ

いいねえ

だって、嗅ぎたばこの摂取時の絵面って怪しすぎ、

でしょ?

こうして出来た「スヌース」は口に含むのに

「嗅ぎたばこ」な訳

でも、口に入れるんだから「噛みたばこ」??辺りは

また別のはなし・・・・

 

さて、その「スヌース」に新ラインナップ登場!

「On」がそれ

同時に6つも出ちゃった。

スヌース6種.JPG

フレーバーは「コーヒー」「ベリー」「シトラス」の3つ

それぞれに●○○と●●●が有って、計6種類

プラスチックケースには1cmX0.5cm位の小さな袋(パウチ)が

計20個入ってる。

これを歯茎に挟む、1個で20分程度楽しめるそうだ。

 

挟んだ直後から、「ニコチンが入ってくるのが分かる。」

ってえ人がいますがどうでしょう。

「ピリっとする」って人は多いです

まあ、「運転中」「仕事中」「会議中」あるいは禁煙ゾーンでの

ニコチン補給には最適

そのほか、「歩きスヌース」なんてのも乙でしょ。

ですんで需要は結構ありそう、かな?

 

非常用の常備タバコとして490円はいいかも

 

 

 

 

 

 


 

ページ上部へ