ホーム>やぶしたの「おやじブログ」>喫煙具の紹介

喫煙具の紹介

「ライスペーパー」ってなによ

常連さんから「ZigZagイエローダブル」をもらった。

 

「これ、あげるよ」zigzag-w1.JPG

「ええ?、 使わないってこと?」と言って見たら

「Rice」って書いてある

なんだこれ?

うちの店で売っている「ZigZag」にはこんな記述はない。

急いでバーコードをチェックzigzag-w2.JPG

”300-”で始まってるのでフランス製だ

でもこんなの見たこと無い

なんでも、シンガポールのお土産だとか・・・

 

早速、両ペーパーを比べてみる

いささかシンガポールの方が薄いようにも思えるが、ほぼ一緒

 

ここで先ず整理

そもそも、「Rice Paper」とはなんぞや

よくさあ、「極薄紙」のこと「ライスペーパー」なんて云ったりするけど

本来は、厚かろうが、薄かろうがたばこを巻く紙自体を

「ライスペーパー」というんです。

 

じゃあ、何で「ライスペーパー」って呼ぶのか?

本来、ベトナム辺りの米製のシート状の食材が「ライスペーパー」カミヤツデ.jpg

これと間違えちゃった、ってのが簡単で分かり易いんだ

けど、話はそう簡単ではないんで、マダマダイクヨ~

 

その昔、「通草紙(つうそうし)」という紙?がありました。

「カミヤツデ(紙八手)」という中国、台湾原産の常緑

低木の茎の髄を桂剥きしてつくったもので

かつては造花(水中花)や書画で使われてらしい

この「通草紙」を見て、ヨーロッパ人が「ライスペーパー」通草紙1.jpg

と間違えた。

だから、「カミヤツデ」を英語で「 Rice- paper Plant」

いうんです。

実に、ここで間違えちゃったわけよ。

 

それでもって、ヨーロッパで初期の紙巻タバコの巻き紙

通草紙2.jpgが「通草紙」に似てたことから「ライスペーパー」と

呼ばれるようになったとさ

おしまい

 

だから「ZigZagイエローダブル」の「Rice」には米粉は

使われておりません。通草紙3.jpg

もし米粉が使われてるとしたら「焼きおにぎり」っぽい香

りがする?と思う

それはそれで、興味深いけどね・・・・

 

 

 


 

金魚、飼えるよ

大きな水槽を眺めながら、パイプを燻らす男

中には、珍しい熱帯魚かなんかが泳いでる。

 

なんて光景を映画かドラマで観たような・・・

決まって分厚いガウンかなんか着ている

すると水槽越しのドアにノックの音が・・・・

なんてね

 

これ、パイプや葉巻だから重厚感が出る訳で

シガレットだったらコメディみたいになっちゃいそう

 

ところで、今日、脚立に上って棚を整理してたら

誤って、巻正の「千」を落としてしまった。

「しまった」(ここ笑うとこじゃないです)と

思う間もなく開いたフタから中身が散らばって大変

急いで下り~の、拾いまく~りの、しまい~ので

 

売り物にならないので、結局、自家消費に・・・

まあ、毎日20本は巻いてるから、ねえ

たった50日ですよ、どってことい

しばらくは、巻正さんのお世話になるってこと

 

常々、「空いたら、金魚飼えるよ」って

お客さんには勧めてるんで

自分もそうしようかな

 

小さな「千」の空き容器を眺めながら、手巻きタバコをふかす男

中には、メダカが数匹泳いでいる。

すると、容器越しに店の自動ドアがスーッと開いた

「いらっしゃいませ」

・・・・・

 

この後、どんなドラマが展開するかは

入ってきた「あなた」次第です

 

巻正「千」.JPG

これが問題の「巻正・千」

なんせ1000本入ってるからね

しばらくは大・丈・夫

2100円で販売中

 

 

ページ上部へ