ホーム>やぶしたの「おやじブログ」>2017年11月

2017年11月

アルファルファで出来たローリングペーパー

豆科の植物で「ムラサキウマゴヤシ」ってのがあります。

アルファルファ1.jpg

馬が食うかは知らないが、乾燥して牛の飼料にするらしい。

とても栄養価が高くて優秀な飼料らしいが

当の牛は、あまり好きじゃないという代物です。

人間はというと、それを「もやし」にして食するという。

アルファルファ2.jpg

そんな、「ムラサキウマゴヤシ」を英語で「アルファルファ」といいます。

「アルファルファ」で思い出すのは、昔見た「ちびっこギャング」という

TVドラマに出てくる男の子(背の高い子)

ちびっこギャング.jpg

若い人は「ポケモン」の登場人物を

連想するんでしょうが、なにぶん齢がいってるもんで・・・

 

さて、話を戻すと

この「アルファルファ」で紙が漉けるんですねえ

知りませんでした。

まあ、

「こうぞ・みつまた」を漉けば「和紙」になるし

「わら」を漉けば「わら半紙」になるし

「バナナ」を漉けば「バナナ紙」?になるし

基本、繊維があれば紙は漉けるわけですよ

 

でも、「アルファルファ」を漉いて紙造るなんて

少なくとも日本の発想じゃないよね

しかも、それをシャグの巻き紙にするなんざ・・・

 

「PAY-PAY」という巻き紙ブランドがあります。

歴史は古く、300年というからウソでしょ

と突っ込みをいれたくなる。

真偽はともかく、古いらしい

証拠に「スペイン、アルコイ製1764年から」

って書いてある

世界最古のブランドってことです。

 

そんな「PAY-PAY」から今度発売になったのが

「アルファルファ」から作った巻き紙「GoGreen」

GoGreen.JPG

「グリーン」と銘打つだけあって緑色している。

スローバーニング仕様でかなり薄い

50枚入りシングルが100円

100枚入りダブルが200円と平均的な価格

「素材が変われば喫味も変わるでしょ」、と

常々、のたまっている身としては

他のアンブリーチ素材の巻き紙との違いを

報告したいんだけど、今のところ「アルファルファ」

だからっていう決定的な差は見出せてません。

その内見えてくるとは思いますが・・・

 

でも、どれもブラウン系のアンブリーチの中に

グリーン系の紙ってのはちょっと気分が変わって

いいかも

 

ところで、「PAY-PAY」って何て発音します?

当方「ペイペイ」って読むもんだと思ってました。

けど、先日ディストリビュータに注文いれたら

先方が「パイパイ」と言ってました。

どっちがウソをついてるんでしょう・・・

てか、どっちも正解なんだと思います。

 

ということで「ペイペイ」は何となく「下っ端」

みたいに聞こえるから、当店は「パイパイ」

でいこうと思います。

第一、柔らかそうだし美味しそうじゃないですか

ねえ、そう思いません?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ